カナザキ歯科インプラントサイト

お問い合わせ

インプラントを諦めていた方も
ご安心ください。
骨をつくる技術をはじめ、
難しい症例にも対応しています。

インプラント
めてしまう理由様々です

など、様々な難症例に
対応するためには、
インプラントの専門知識だけでは
治療することは
できません。

カナザキ歯科には様々な難症例に対応できる知識・技術・経験があります

カナザキ歯科では、「インプラント専門医」
「歯周病専門医」「咬み合わせ認定医」の
知識・技術・経験で、
他院で断られてしまう様な
難しいケースにも
ほとんどの場合、
対応することができます

3方向から原因を究明し、
患者さまお一人お一人に合った
インプラントの
治療計画をご提案します。

「骨ないインプラント専門医による骨を増やす技術

骨が少ない場合、無理にインプラントを入れるとインプラントが固定できなかったり、見た目が悪くなったりします。まずは骨を増やす必要があります

骨を増やす方法カナザキ歯科では、サイナスリフト、ソケットリフト(上顎洞底挙上術)、GBR(骨誘導再生法)、などの技術で骨を増やします。
ソーセージテクニックと呼ばれる手法を使えば、大量に骨を増やす必要があるケースにも対応できます

骨を増やす技術を持っている
歯科医院は少ないのですが、
実は骨を増やさなければならない
ケースは多くあります。

一般的にはインプラント治療をする方の内約1/2の方が骨を増やす処置を行う必要があります

なぜなら歯が抜けて、たった4ヶ月
頬側の骨は56%、舌側の骨は30%
痩せてしまいます。
※出典:Botticelli D, Berglundh T, Lindhe J. 
抜歯窩へのインプラント即時埋入に続く硬組織変化(J Clin Periodontol 2004 ; 31(10) : 820-828.)

つまり歯が抜けて少しでも期間が空いていたり、歯周病だった場合、すでに骨が少なくなっていることがほとんどで、骨を増やす必要があるのです。骨が基準以下の量しかないと、将来インプラントが抜け落ちたり、インプラント周囲炎になるリスクが高まります

カナザキ歯科は安心・安全な
インプラント治療をするために、

骨を増やす基準を
厳正に考えております。

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

症例内容

「歯ぐきがせている歯周病専門医による歯周病治療技術

歯を失った方の歯ぐきは、弱く悪い状態になっていることがほとんどです。その状態でインプラントを入れると、インプラントと歯ぐきの間に隙間ができ、インプラント周囲炎になったり、インプラントが外れてしまうこともあります

歯茎の形成・移植カナザキ歯科では、歯周病専門医であるため重度の歯周病治療が可能です。ブラッシング指導、スケーリング、SRP、光殺菌、3DS、歯周外科、再生療法で徹底的に歯周病を治療します。

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

症例内容

「重度歯周病」歯周病専門医による歯周病治療技術

重度の歯周病の方は、インプラント治療に入る前に歯周病を完全に治療する必要があります。歯周病菌がお口の中に残った状態でインプラントを入れると、インプラント周囲炎になります

歯周病治療カナザキ歯科では、歯周病専門医であるため重度の歯周病治療が可能です。ブラッシング指導、スケーリング、SRP、光殺菌、3DS、歯周外科、再生療法で徹底的に歯周病を治療します。

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

症例内容

「歯全体グラグラ」
(咬合崩壊)
歯周病専門医による歯周病治療技術
咬み合わせ認定医による咬合調和技術

歯が全体にグラグラして咬合崩壊が起きている場合は、残っている歯を残す治療を早急にしなければ、残っている歯も失われてしまいます

咬合崩壊の治療まず歯周病の治療をおこない、お口の中の歯周病菌をゼロに近づけます。インプラントで咬み合わせの支えをつくり、全体の咬み合わせを安定させながら、全体の歯を仕上げていきます。

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

症例内容

「健康1本もないインプラント専門医による
All-on-4/All-on-6技術

健康な歯が1本もない場合は、総入れ歯もしくはインプラント治療のどちらかになります。入れ歯は硬いものが咬みにくい、話しにくい、違和感などの不快感があります。インプラントなら自分の歯と変わらない感覚を得ることができます

All-on-4/All-on-6治療All-on-4は、4本のAll-on-6は6本のインプラントで全ての人工歯を支える治療をします。1日で仮歯を入れることができます。
※一般的に広告宣伝で言われてるように、その日からなんでも食べられるということは現実的にはありません。

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

症例内容

カナザキ歯科のAll-on-4/All-on-6の特徴
下顎は前歯と奥歯の3構造に分けるので負担がかかりません

一般的には一体型の構造が多いのですが、カナザキ歯科では下顎は3つに分割された構造です。下顎骨は咀嚼の際、大きくたわむ(変形)するため3構造に分割されていると負担がかかりにくくなります

All-on-4/All-on-6にもアストラEVインプラントを採用

アストラEVはインプラントの切り口が斜めのものがあります。All-on-4/All-on-6は骨に対して斜め方向からインプラントを入れることがあります。切り口が斜めのアストラEVなら骨の表面とぴったり一致します

予算が少ない場合、清掃に自信のない方にはインプラントオーバーデンチャーをオススメします 予算が少ない場合、清掃に自信のない方にはインプラントオーバーデンチャーをオススメします

インプラントオーバーデンチャー

2本のインプラント、または4本のミニインプラントを入れます。インプラントに装着したアタッチメントの下の凸部分を、入れ歯にセットされた凸部分に差し込むような構造になっています。それにより、ご自身で取り外しができるため、自宅で気軽にお手入れをすることが可能になります。

All-on-6 or インプラントオーバーデンチャー All-on-6 or インプラントオーバーデンチャー All-on-6とインプラントオーバーデンチャーどちらが自分に合っているの All-on-6とインプラントオーバーデンチャーどちらが自分に合っているの

All-on-6は固定式なので全く動くことはありません。自分の歯と同じような感覚で噛むことができます。それに対してインプラントオーバーデンチャーは取り外しが可能な分、わずかな動きがあります。それでも入れ歯よりは比較にならないくらいずっと快適にご使用いただけます。
近い未来に、施設に入所したり寝たきりになり、メンテナンスに通えなくなると予想される方は、取り外しが可能なインプラントオーバーデンチャーをオススメします。

カナザキ歯科に通院される患者さまでこの様な症例の方がいらっしゃいます。 カナザキ歯科に通院される患者さまでこの様な症例の方がいらっしゃいます。

All-on-6 or インプラントオーバーデンチャーAll-on-4からインプラントオーバーデンチャーに改造したが、
再度All-on-4に戻したケース

「やっぱり固定式が噛みやすかったから固定式に戻して欲しい」とご希望をいただき、固定式に戻したところ「やっぱりよく噛める」とおっしゃっていました。今回製作したインプラントオーバーデンチャーは保管し、今後必要になれば戻すことができます。 「やっぱり固定式が噛みやすかったから固定式に戻して欲しい」とご希望をいただき、固定式に戻したところ「やっぱりよく噛める」とおっしゃっていました。今回製作したインプラントオーバーデンチャーは保管し、今後必要になれば戻すことができます。

「歯並びが咬み合わせ認定医による
ナノレベルの咬み合わせ調整技術

重度の歯周病の方は、インプラント治療に入る前に歯周病を完全に治療する必要があります。歯周病菌がお口の中に残った状態でインプラントを入れると、インプラント周囲炎になります

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

症例内容

カナザキ歯科なら各分野の専門知識・技術・経験により様々な視点から難症例と向き合い、解決する事が出来ます。インプラントをしたいけれども諦めてしまった方、カナザキ歯科に一度ご相談ください。一緒に解決していきましょう。 カナザキ歯科なら各分野の専門知識・技術・経験により様々な視点から難症例と向き合い、解決する事が出来ます。インプラントをしたいけれども諦めてしまった方、カナザキ歯科に一度ご相談ください。一緒に解決していきましょう。

松山愛媛インプラントなら
カナザキ歯科へ安心してご相談ください。