カナザキ歯科インプラントサイト

お問い合わせ

インプラント治療を
迷っているあなたへ

1本歯がなくても
めているから大丈夫!
と思っていませんか? カナザキ歯科では、患者さまに
歯がない状態を
放置していると起こる真実

をお伝えすることで、
一人でも多くの方の歯と身体の健康を
お守りしたいと思っております。

歯が抜けると
お口の中で驚きの変化が起きます

このように歯が抜けると、
骨はどんどん痩せていくのです。
骨が痩せるということは
その1本だけではなく、
周囲の歯の骨まで
痩せていく
のです。
「1本歯がなくても咬めるから大丈夫」
という考え方は大きな間違いです。

まずは早期
骨が痩せることをくい止めるための治療をおこないましょう

歯が抜けたところに、人工骨を入れることで骨が痩せることをくい止めるソケットプリザベーションという治療をおこなう必要があります。

歯がない状態が長い方は、
骨が痩せている可能性が高いため
インプラントや差し歯を入れる前に
「骨を増やす」治療が必要な場合があります

長期間歯がないと骨が痩せてしまうため、そのままインプラントを入れることはできません。GBRなどの方法を用いて、骨を増やしてからインプラント治療をおこなう必要があります。

歯がない状態を放置せずに、
早期に治療することにより
重症化をくい止めることができます。
ただしこの治療は骨が痩せることを
くい止める治療ができる歯科医院

骨を増やす技術のある歯科医医院でなければ
治療をすることができません。
歯が抜けてしまったら
早い段階で適切な治療
することが重要

歯を失うと口の中は、
まるでドミノ倒しのように
崩壊していきます。

これを咬合崩壊といいます。
「1本くらい良いか」と思っていたら、

全ての歯を失う可能性
があるのです。

ほとんどの方は、入れ歯やブリッジを入れてもこのような咬合崩壊のパターンにおちいり、ドミノ倒しのように次々と歯を失っていきます。ただ、20年という長い時間をかけて崩れるので、ほとんどの方はこのドミノの仕組みに気がつかないのです。

Oral Frail

咬合崩壊をとめるために、
入れ歯やブリッジではなく、
しっかりと骨に固定でき、
噛む力を支えられる
インプラントによる治療が最も有効
であると言われています。

1本歯を失うと骨は痩せ細り、
健康な歯までどんどん失っていくのです。
また歯がないことで咬む力が衰えてくると、
硬いものや繊維の多い食物が
食べにくくなります。
このような口の衰えは
「オーラルフレイル」
と呼ばれます。
オーラルフレイルは身体の健康と
大きな関わりがあります

このようなサイクルに陥ることで、

糖尿病
メタボリック症候群などの
生活習慣病になります

歯を失うことがやがては全身疾患へつながります

たった1本の歯だから
大丈夫だと思っていても、
徐々に身体のバランスが崩れていき、
取り返しのつかないことに繋がります。
カナザキ歯科では、
早期にそして適切な治療をすることで、
歯と身体の健康をお守りします。

松山愛媛インプラントなら
カナザキ歯科へ安心してご相談ください。